足を動かすことは健康への第一歩

子宮筋腫の手術に抵抗がある人へ

良性の子宮筋腫を持っている女性は、決して珍しいものではありません。
筋腫があっても、良性の場合は定期的な診察を受けて、自覚症状もないならば、そのまま経過観察でも問題はありません。
もしかしたら子宮筋腫 症状の可能性があります。

 

しかし、中には痛みを感じる人もいます。もし何かありましたら子宮筋腫 手術にご相談ください。

 

もしホルモン剤を使用しても症状が緩和されず、年々筋腫も大きくなり不正出血も見られるようになった場合は、やはり手術をすることをお勧めします。

 

でも、どんなに辛い痛みがあっても中々手術に踏みきれない場合もあります。
未婚の方やまだ出産経験がない人は、とくに子宮筋腫の手術に対して消極的になってしまうものです。

 

その理由としては、身体に傷がつく事やこれから妊娠や出産が出来なくなるのではないかという不安からくるものです。

 

しかし、医師も未婚女性にはなるべく傷が目立たないように考慮して執刀をしてくれますし、腹腔鏡手術なら大きな傷は出来ません。

 

また、子宮筋腫の手術は、全てが子宮を全摘する必要はなく、筋腫のみの摘出や部分摘出も可能です。

 

ですから、子宮筋腫の手術を必要以上に恐れる必要はなく、手術を受けることで痛みから解放された日々を手にする事が出来ます。